サイトマップ リンク集 お問い合わせ
  トップページ >  越後おぢやニュース
 

越後おぢやニュース

 
「越後おぢやニュース」一覧へ  
需要に応じた米生産 品質向上へ一丸
2018.03.13 掲載 
 JA越後おぢやは2月下旬、「需要に応じた米づくり」生産者集会を開きました。会場は小千谷市のグリーンパークで、生産者やJA役職員ら約280人が参加しました。卸などの実需者が求める米について認識を深め、需要に応じた米の計画生産を行うことが目的です。
 JAの谷口熊一組合長は「生産目標に沿った生産、買ってもらえる米作りの観点からも、コシヒカリを主力として、業務用米や非主食用米へのさらなる取り組みをお願いしたい」と呼び掛けました。
 JAは、需要に基づく計画的な生産・集荷・販売、「越後おぢやブランド」の強化と業務用需要への対応、出荷結集に向けた取り組み、水田フル活用の推進などに力を入れる考えを示しました。
 講演では、ヤマタネの石川博開発部長が「あきだわら栽培と産地連携取り組みの概要」と題して行いました。石川部長は平成30年以降の産地連携ビジョンを紹介し、「産地とのマッチングのために、生産拠点の拡大や実需との契約栽培を進めていきたい」と強調しました。
 JA全農にいがた米穀部の高野洋次長は米穀情勢について、JA越後おぢやの藤島睦常務が米集荷販売方針と自己改革の実践に向けた取り組みについて説明しました。県長岡地域振興局農林振興部普及課小千谷分室の門倉綾子主査普及指導員は、30年産米品質向上対策のポイントを解説しました。
 JA青年部の細海正部長の音頭で「頑張ろう」三唱を行い、参加者は品質向上に向け意識統一を図りました。
 
▲「頑張ろう」三唱で意識統一を図る参加者
 

JA越後おぢやオンラインショップ
JA越後おぢや特産品
キャッシュカード等を紛失したとき
事故がおきたとき
JAグループ新潟
JA全農にいがた
JA新潟厚生連
JA新潟中央会
2012国際協同組合年全国実行委員会
 
   
   
 
 金融商品の勧誘方針   個人情報保護法関連   利用者保護等管理方針   利益相反管理方針  反社会的勢力への対応に関する基本方針
 
情報セキュリティ基本方針  金融円滑化について  苦情処理措置および紛争解決措置について   著作権・リンク  お問い合わせ  ご意見・ご感想等

越後おぢや農業協同組合  登録金融機関 関東財務局長(登金)第594号
   〒947-0028 新潟県小千谷市城内4丁目1番55号     電話:0258-83-3421 FAX:0258-83-3524
Copyright  ©  2006 - 2018 JA Echigo Ojiya. All Rights Reserved.       Site Design By 潟vラカード・ジャパン