小千谷すいか組合

 JA越後おぢやのすいか生産組織「小千谷すいか組合」です。
 肥沃な土壌と昼夜の寒暖差が育む「コクのある甘さ」が特長の小千谷産すいか。
 山谷、小粟田、片貝の小千谷市内3地区で2品種のすいか生産に取り組み、年間約190tを出荷しています。
 設立は平成19年で、生産者19人、総作付面積は4.25haです。
 栽培品種は小玉すいか「ひとりじめロング」と大玉すいか「祭ばやし777」です。
 今年もおいしい小千谷産すいかをお届けします。

小千谷すいか組合 組合長のご紹介

 小千谷すいか組合組合長の今井信一です。 大玉すいかを40a作付けしています。すいか栽培は20年以上になります。糖度とシャリ感が自慢の「小千谷産すいか」、ぜひお召し上がりください。

広報誌8月号特集 「小千谷産すいか」